通信販売・EC

不正アクセスからECサイトを守る。

投稿者:chikunai 投稿日時:2014-03-09(日) 02:46

昨今、ECサイトに不正アクセスが大きなニュースとして取り上げられたと思います。犯人が検挙されていない以上、どこのだれがやったのか不明です。企業も最近は、自社システムから個人情報が抜き取られた形跡は無い。というのがテンプレート化していますw。いや、どこか絶対流出しているでしょ。と突っ込みたい。そうでないと、100万人以上の会員を抱えるECサイトで、ログイン失敗も含めた大量の不正アクセスのがある訳が無い。と思う訳です。

不正アクセス事件、ECだけ振り返ってみましょう。私の記憶では2013年3月から始まってます。

2013年3月 JINS 2,059件 クレジットカード情報が流出
http://www.jins-jp.com/illegal-access/info.html

2013年4月 eBookJapan 被害無し
http://www.ebookjapan.jp/ebj/information/20130405_access.asp

2013年5月 ディノス 111万件中15,000件成功 個人情報は流出していない
http://www.dinos.co.jp/guide/info/pdf/20130509.pdf

2013年5月 三越 8,289件 個人情報が流出

LINE、API公開による新しいECとCRMの普及

投稿者:chikunai 投稿日時:2014-02-27(木) 23:10

以前より、こんなことができないか、と思っていたモノをメッセンジャーアプリの雄 LINEが実現してくれました。
LINEが、APIが企業向けに公開するとアナウンスしました。飛ぶ鳥を落とす勢いの新サービスです。

Yahoo!メッセンジャーやMSN メッセンジャーのころより、コミュニケーションツールとして使いたいと思っていました。しかし、規約の縛りで営利目的の利用が叶いませんでした。そこへ来てLINEです。

企業は、ネットショップは、APIを使う事で、LINEでお客様とコミュニケーションが取れるようになります。キーワードは販路と販促の拡大です。ただし、公式アカウントに限定されます。公式アカウント代は、いったいいくらなんでしょう(汗、Facebookなどのシリコンバレー系の企業であれば、事後審査にすると思うんですけどね。その方が、LINEを利用する企業が格段に増えます。

ランキングで売上を作る。ネットショップ店長へ

投稿者:chikunai 投稿日時:2014-02-10(月) 23:39

ネットショップは、ランキングで売上を作る。というお話しです。

世の中、買う物を下調べしてからお店に買いに行く人、ばかりではないですよね。以下のとおり分類出来ます。

  • 買う物を決めてお店に行く人
  • 買う物を決めずにお店に行く人
    • 安い物で問題ない人
    • 特定のメーカー(ブランド)重視な人
    • デザイン重視な人
    • そこそこのものが欲しい人 などなど

決めていない人は、お店のその場で、価格、メーカー(ブランド)、デザインや店員のおすすめなどによって、購入を決断する訳です。そんな中、機能や性能の差がいまいちよくわからず、こだわりも無く、でも普通の商品が欲しい人、というのは、何を見て買うかというと「ランキング」です。この人は同調圧力にかかっているとも言えます。

家電量販店で良く、当店で売れ行きNo.1から3までやっているあれです。店員は、決めきれない人へのあと一押しにも使っています。
アマゾンや楽天のランキングを使って、○○カテゴリで1位を獲得。とかいっているやつです。
AKBなんかは、CDに握手券をくっつけて、公然とランキング操作を行っています。たくさん売れれば、人気があるように見せかけられるのです。AKBだけでなく、、、

アマゾンが予測出荷特許取得で思う事

投稿者:chikunai 投稿日時:2014-01-24(金) 00:35

そう来たか!と、「予測出荷」と聞いて思いました。アマゾンの天下は盤石だと思います。

今週、アマゾンが予測出荷の特許を取得したという報道がありました。ニュースを読むと、ある商品を求めている人、地域に対し、トラックや(サテライト?)倉庫へ、その商品を事前に出荷してしまおう。というもののようです。

ここからは私の想像ですが、

アマゾンは巨大物流倉庫、超効率的な運営を持ち味にしています。アマゾンの後を追って物流倉庫を造っても追いついても、先を行っているので追い越せません。さらに、アマゾンが次に目指しているのは、巨大物流倉庫にロボットを入れて、広すらなくす事とも言われています。アルバイトも一定の能力が無ければ首切り。アルバイトはロボットが安く導入出来るまでの間の存在でしかありません。

さらに高めるための予測出荷です。ここで気になるのは予測出荷先は、出荷と使っている以上アマゾンではなく、アソシエイツのような協力者の可能性が高い。そして、あらゆる倉庫、あらゆる店、もしくは個人のオタクの倉庫にある商品を使って、販売、出荷、お届け出来るシステムではないか。

Gilt、箱と中身

投稿者:chikunai 投稿日時:2013-01-22(火) 23:14

ギルトで商品を買ってみました。
過去に掲載したゾゾタウンの箱と中身と同じように、ギルトも掲載します。

ゾゾタウン、箱と箱と中身
http://www.chikunai.net/node/75

会員限定のファミリーセールのオンラインショップです。毎日、特定のブランドのセールが行われています。
ジャンルはメンズ、ウィメンズ、キッズ。取り扱うブランドも、DISEL、Patagonia、Neil Barrett、MIHARAYASUHIRO、ATTACHMENTなどなど、有名どころから名の知れないものまで、色々取り扱っています。

さっそく箱とはこの中身をチェック。


箱の大きさは高さ15.4cm、縦37.5cm、横29.4cmでした。


この時買ったのは靴です。このあとシャツを買いましたが、箱のサイズは同じでした。
シャツを入れるには大き過ぎます。緩衝剤は黒い紙1枚。

携帯電話/スマートフォンで緊急地震速報の受信方法をまとめました。
まわりに緊急受信速報を受信していなかった人がいたので作りました。
この機会に受信方法のわからない方に教えましょう。
(この記事を書いた後、2011年秋ドコモがエリアメールを対応開始)

●NTTドコモ
「メール」→「メール設定」→「エリアメール設定」→「受信設定」→「利用する」
※対応機種は905、705シリーズから対応
※スマートフォンは対応していません。orz
http://www.nttdocomo.co.jp/service/safety/areamail/usage/index.html

●au
「Cメールメニュー」→「4.緊急地震速報」→「2.受信設定する」→「1.受信する(ON)」
※スマートフォンはCメール対応機種(IS03)のみ対応
http://www.au.kddi.com/jishin_sokuho/

●ソフトバンクモバイル
「メール」→「メール設定」→「その他の設定」→「緊急地震速報設定」→「受信設定」→「利用する」
http://mb.softbank.jp/mb/service/3G/EEW/#howto

●iPhone
「ゆれくるコール” for iPhone」をインストールしてください。

サイトのパフォーマンス、ベンチマークするなら

投稿者:chikunai 投稿日時:2011-01-10(月) 00:53

サイトを構築する際、運用されている際、なにをベンチマークにしていますか。

日本コンピュウェアが、2010年11月の小売(Eコマース、カタログ通販、TV)、銀行、証券、旅行サイトのパフォーマンスで、自社サービスの情報を公開しています。

日本コンピュウェア、2010年11月度Web サイトパフォーマンスベンチマークを発表
http://offers.compuware.com/register?cid=70170000000fasc

公開されている測定項目は、レスポンスタイム、可用性、均一性です。レスポンスタイムと可用性は、どこのサイトでも、運用時に注意を払っているKPIです。

・レスポンスタイム
 Webサイトのビジターが特定のURLにアクセスする際に、当該ページのコンテント全てが読み込まれるまでの時間
・可用性
 Webサイトのビジターが特定のURLにアクセスしようとした際に、アクセスすることが出来た割合。
・均一性
 Webサイトのレスポンスタイムのばらつき。
※ただし、計画的なメンテナンス、Sorry Page、404エラーは対象外

20101216_logo_master_secure.gif20101216_logo_verified_visa.gif

日本クレジット協会が、Eコマースの新規参入障壁を高くしてくださいました。

社団法人日本クレジット協会と日本クレジットカード協会は、「新規インターネット加盟店におけるクレジットカード決済にかかる本人認証導入による不正使用防止のためのガイドライン」の制定について、を発表しました。

要約すると、

Quote:

なりすましによるクレジットカードの不正使用被害を防止するために、2011年3月以降に加盟したお店は、「セキュリティコード」と「3Dセキュア」による本人認証が必須となります。

迷惑メール対策技術「DKIM」の普及団体が発足

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-11-15(月) 18:04

株式会社インフォマニア、センドメール株式会社、ニフティ株式会社、株式会社パイプドビッツ、ヤフー株式会社、楽天株式会社の6社は、DKIM((DomainKeys Identified Mail) )の普及団体Japan DKIM Working Group (略称; dkim.jp)を設立した。

DKIMは、電子署名を使ってメール送信元のドメイン認証技術。送信側はメールに電子署名をつけ、受信側は電子署名の正当性を確認する。

InternetWatchの記事によると、WIDEプロジェクトの2010年8月時点の調査では、.jpドメインにおけるDKIMの導入率は0.45%。「SPF/Sender ID」の普及率は39.59%。

http://member.wide.ad.jp/wg/antispam/stats/index.html.ja

DKIMは知りませんでした(汗。SPF/Sender IDはもちろん知っていました。SPF/Sender IDの普及率は高いですね。WIDEプロジェクトの調査にもあるとおり、知名度の低さに問題があることは明らか。大手ISP、大手メール送信事業者が加わっており、急速に普及しそうです。私の知っている企業も入っています。

ニッセンは、ヤッパの協力を得て、通販カタログ「ニッセン スマートカタログ」をアップルのApp Storeで無料配信を始めた。

従来の上カタログのようにページを一枚一枚めくるように閲覧できるだけでなく、商品データを埋め込んだカタログ紙面をタップすることで、ニッセンオンラインと通信し、最新の商品情報を引き出しながら、注文・決済までスムーズに行える。タイムリーな情報更新、また期間限定のプライスダウンセールなど実施し、新たなショッピングスタイルを提案していく。

さらに、イメージキャラクターの香里奈さんがウォーキングするiPad限定動画を配信する。

 

千趣会と同じく、ヤッパの技術を得て電子通販カタログの配信です。ヤッパ、通販カタログ会社に引っ張りだこですね。

でも、ベルメゾンのカタログと違って、ニッセンのカタログ上でサイズや数量の選択までできます。少し進化してる。

コンテンツ配信
Drupal theme by Kiwi Themes.