凸版印刷は、シャープが液晶テレビ「AQUOS(アクオス)」向けに提供しているインターネット専用サイト「AQUOS.jp」で、デジタルカタログを配信する「カタログデパート パラリー for AQUOS」を5月下旬から開始するそうです。

もともと凸版印刷は、デジタルカタログサイト「パラリー」を2005年9月に開設。千趣会、ニッセン、ディノスなどの大手カタログ通販会社のカタログを掲載していました。ここに掲載されているデジタルカタログをAQUOS向けに提供するようです。パラリーは、IEしか対応していないようです。

AQUOSであれば、フルHD画質でリビングでデジタルカタログを閲覧できます。フルHDなので精細な商品画像をチェックできます。拡大縮小もできれば、より細かいディティールまで確認できます。

製作サイドは、デジタルカタログ製作過程で「AQUOS.jp」掲載用データも作れるようです。

 

そもそも、AQUOSから直接インターネットに接続して「AQUOS.jp」を視聴しているユーザーってどれくらいいるんでしょうかね?

ソニーはBRABIA(ブラビア)でアプリキャスト。テレビメーカー(シャープ、ソニーもいる)が集まって作ったアクトビラなんてのもあります。

Quote:

「アクトビラへの接続台数は130万台だが、月1回以上利用しているユニークユーザー数は25万人とまだまだ少ない」

アクトビラ木村社長講演、「2011年までに600万接続を目指す」 から引用
http://bb.watch.impress.co.jp/docs/event/ceatec2009/20091009_320684.html

AQUOSの保有者は、シャープのマーケティングや亀山ブランドに飛びつくあたりから、購買者の年齢層が高いと思います。Amazonや楽天のようなECサイトよりは、デジタルカタログの方が、ショッピングになじみがあるとは思います。

プレスリリースをうって、シャープ・凸版双方の話題づくりでしょうか。

凸版印刷、プレスリリース

EPUB(イーパブ)ってだけ聞くと、インターネットの酒屋さんと連想します。

映像を見ながら、テレビ電話しながら、お酒を酌み交わす・・・。

連想するイメージは、ビキニ酒店にどうしてもいってしまいます(笑)

 

電子書籍時代、せっかくなのでEコマース、通販業界でも活用してしましょう。

以下2パターンの活用方法があります。

(1)電子書籍を取り扱う

(2)電子書籍を出版する

後者が書きたかったので、後者をテーマにします。ォィォィ

思考は単純です。紙のカタログ・冊子やデジタルカタログをEPUB形式にしましょう。

販促として活用します。

そうすすめる理由は、

EPUB(イーパブ)、電子書籍時代の幕開け

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-04-13(火) 00:57

2010年、iPadという黒船来襲とともに、日本にも電子書籍時代の幕が明けました。

アップルは、電子書籍店「iBooks」と新端末「iPad」を組み合わせて、電子書籍市場でも高いシェアを目指しています。

先行するアマゾンは、「Amazon.com」と「Kindle」を組み合わせています。Kindle利用者を大井町線で見かけました。意外に大きい。

そして、ソニーも追随して「Reader」を投入しています。

売上の低下が著しい出版業界は、31社で作る日本電子書籍出版社協会を立ち上げました。出版社としての立場を守ろうと躍起です。

新たなビジネスチャンスとして、アゴラなど電子書籍販売に参集する企業がぞくぞく増えていきそうです。

今後ビジネスチャンスとして、電子書籍に力を入れる作家も現れそうです。

 

そして電子書籍では、デファクトスタンダードとして注目されているのが「EPUB(イーパブ)」です。

iPadでも採用され、注目を集めています。

規格はオープン。HTMLを基にしています。画像、CSSが使えます。

HTMLがわかるWEBデザイナーであれば、簡単な学習でEPUB形式の電子書籍データが作れる思われます。

メルマガがブラックリストに載る理由

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-04-12(月) 01:29

メールアドレスの獲得方法、入会方法に問題があります。

不正な獲得方法をしていなくても、危ない可能性があります。

 

ブラックリスト運営側のブラックリストへの登録方法はとても簡単です。

ブラックリスト運営側は、意図的にメールアドレスを流出させます。ホームページ上で公開したり、裏で出回っているリストの中に紛れ込ませたりします。

次に、意図的に流出させたメールアドレスに届くメルマガをチェックします。このメールアドレスに届くメルマガ、メルマガを送ってきたサーバをブラックリストに登録しています。

中には、不正にメールアドレスの獲得をしていない業者も、危ない場合があります。

どこからともなく、他人のメールアドレスをどこかのメルマガに登録させるボット(自動で動くプログラム)が動いています。恐らく、SPAM業者がカムフラージュのためにやっている、と推測しています。

そうなると、メルマガへの登録方法が簡素であればあるほど、危ないです。

▼空メールの場合

空メールを送るとすぐにメルマガへ入会できる「直接登録」方式は危険です。「間接登録」方式への変更をオススメします。

Googleがイベント情報も表示!

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-04-07(水) 01:02

Googleが、検索結果ページにレビューや価格などを表示させる「リッチスニペット」に、イベント情報を追加したことを発表した。

http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.com/2010/04/blog-post.html

以下はイベント情報のリッチスニペットを利用した検索結果のイメージ。

hCalendar microformats 標準規格(英語)から派生したフォーマットを採用。

規則にしたがってタグを囲めば、検索結果の表示と一緒に、コンサートやセールなどのイベント情報を表示できる。

以下がタグの例

  1. <div class="vevent">
  2.   <a href="http://www.example.com/events/spinaltap" class="url summary">Spinal Tap</a>
  3.   <img src="spinal_tap.jpg" class="photo" />
  4.   <span class="description">新ドラマー加入後の Spinal Tap が
  5.   東京で最新のツアーを

普段ルーチンワークで送っているメールマガジン。

普通にお客様へ届いているだろう。と思ったら間違いです。

昨今のメールは、迷惑メールフィルターを導入しています。企業も、個人もです。

メルマガの開封率、クリック率低下の一因として疑ってもいい項目です

 

もし、あなたのメルマガ配信システムが優れているなら、エラーで届かなかったメールアドレスのエラー内容を調べてください。

迷惑メールフィルターの中には、エラーの原因にSPAM判定されたことを教えてくれるものがあります。

(SMTP)エラー番号「550」「554」で返してくれます。

もちろん、すべてがそうではありません。エラーを返さずにフィルターに引っ掛ける製品のほうが、多いと思います。某携帯電話会社さんだったりとか。

以下は、企業が提供しているにブラックリスト情報を調べるサイトです。

ご自身が使用しているメルマガ配信システムのIPアドレスがわかれば、それを入力して調べてみてください。

MAPS RBL
http://www.mail-abuse.com/lookup.html

BarracudaCentral
http://www.barracudacentral.org/lookups

リンクシェアとトラゲが合併

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-03-30(火) 01:25

三井物産と楽天は、それぞれのアフィリエイト子会社リンクシェア・ジャパンとトラフィックゲートを合併させるそうです。

http://corp.rakuten.co.jp/newsrelease/2010/0329.html

2005年に楽天が米リンクシェアを買収してから、早5年です。

あの時書いた吸収憶測が、ようやく実現したようです。

楽天がリンクシェアをお買い上げ
http://www.chikunai.net/node/51

先見の明は、まだまだだな。

 

リンクシェア・ジャパン、トラフィックゲート、楽天アフィリエイトをあわせた流通額ベースではASP業界NO.1の事業者だそうです。

楽天アフィリエイトを入れるのは余計な気がする・・・。

リンクシェアのいいところが無くならないといいのですが。

アフィリエイト業界も、楽天とヤフー(ヴァリューコマース)の2強ですね。

ビキニ店員の動画が見れる酒屋、ビキニ酒店

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-03-30(火) 00:07

面白いオンラインショップを見つけました。

ビキニ酒店は、ビキニ姿の店員がお酒を紹介するオンラインショップです。

購入者は、特典としてビキニ店員の動画が見れます!

エイプリルフールやジョークのように思えますが、実在します。

ビキニ酒店
http://bknsktn.com/

Wikiratta ビキニ酒店
http://www.wikiratta.com/node/136

 

このサイトの特徴は、

(1)ビキニ店員はグラビアアイドルで、素人ではありません。
女子店員一覧
http://bknsktn.com/member/index.html

(2)お酒の値段はけっして格安ではありません。

ということは

・ターゲットは、グラビア好きでお酒好きの男性に絞っています

極めてニッチな市場を狙ったサイトだといえます。

・お酒を売るというより、お酒を通じてコンテンツを売っているんです。

しかも動画であれば複製が簡単な素材です。

 

実際に買ったことが無いので分かりませんが、

もし購入者の特典映像で、購入者がビキニ店員を選べるなら、

購入者だけでなく、ビキニ店員にとっても、最高に楽しいひと時になるのではないでしょうか。

私なら、ビキニ店員に出演料だけでなく、視聴回数に応じた一定の成果報酬をお支払いします。

オンラインショップは競争が激化していて、新規参入のうまみが少ないのではないか。と思いきや、Gilt、ビキニ酒店と、アイディア次第でまだまだチャンスがありそうです。

おねだり、というEコマース市場

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-03-20(土) 01:28

小悪魔からのおねだりは、いつの世の常。

今週、やけにこの記事「小悪魔?欲望のおねだり機能、desir!(デジール)」へのアクセスが多いなぁ。

と思っていたら、やっと気づきました。

Googleニュースで「おねだり機能」で検索すると以下記事を発見。

日経ビジネスオンライン 「買う」ではなく、「ねだる」という販路
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100308/213250/

誠 8割の男が餌食に! 下着メーカー「トリンプ」のスゲー罠!
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1003/16/news008.html

おねだり機能は、ドイツの下着メーカー トリンプのオンラインショップに実装されています。注文者以外のほかの人がお金を支払う仕組みです。

Wikirattaに1店1店登録していくと、特定商取引法の表示の中で、よく見かける運営委託先がいます。

アパレルメーカーが運営しているオンラインショップ。

と思いきや、アパレル オンラインショップの舞台裏は、スタートトゥデイが運営しているのです。

そのオンラインショップは、、、

▼伊勢丹

ISETAN MEN'S ONLINE SHOP
http://mens.isetan.co.jp/

ISETAN MEN'S ONLINE SHOP 特定商取引法に基づく表示
http://mens.isetan.co.jp/_help/help_guide_torihikihou.html

Wikiratta ISETAN MEN'S ONLINE SHOP 評価:28点
http://www.wikiratta.com/node/131

▼BEAMS

BEAMS Online Shop
http://shop.beams.co.jp/

BEAMS 特定商取引法に基づく表示
http://shop.beams.co.jp/_help/help_guide_beamsonlineshop_torihikihou.html

Wikiratta BEAMS Online Shop 評価:24点

コンテンツ配信
Drupal theme by Kiwi Themes.