ランキングで売上を作る。ネットショップ店長へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者:chikunai 投稿日時:2014-02-10(月) 23:39

ネットショップは、ランキングで売上を作る。というお話しです。

世の中、買う物を下調べしてからお店に買いに行く人、ばかりではないですよね。以下のとおり分類出来ます。

  • 買う物を決めてお店に行く人
  • 買う物を決めずにお店に行く人
    • 安い物で問題ない人
    • 特定のメーカー(ブランド)重視な人
    • デザイン重視な人
    • そこそこのものが欲しい人 などなど

決めていない人は、お店のその場で、価格、メーカー(ブランド)、デザインや店員のおすすめなどによって、購入を決断する訳です。そんな中、機能や性能の差がいまいちよくわからず、こだわりも無く、でも普通の商品が欲しい人、というのは、何を見て買うかというと「ランキング」です。この人は同調圧力にかかっているとも言えます。

家電量販店で良く、当店で売れ行きNo.1から3までやっているあれです。店員は、決めきれない人へのあと一押しにも使っています。
アマゾンや楽天のランキングを使って、○○カテゴリで1位を獲得。とかいっているやつです。
AKBなんかは、CDに握手券をくっつけて、公然とランキング操作を行っています。たくさん売れれば、人気があるように見せかけられるのです。AKBだけでなく、、、

景品表示法や不正競争防止法に引っかかる恐れはありますが、これを売上向上策に使います。

使い方は簡単。売りたいもの、推奨したい物をランキングの上位にするだけです。勝手に売れて行きます。ランキングは、だいたい優良コンテンツとして色々なページに掲載され目につく為、という理由もあります。ネットショップに使っているランキングに、編集機能があればベストです。

ランキング編集機能がない場合は、メールマガジンやポイントなどの販促施策を使って、ネットショップのランキングの上位に、一時的にでも押し上げるようにしむける事です。これは自社ネットショップだけでなく、卸の立場で、販売してもらっている他社ネットショップでも使えます。

あと、使いようによっては、ランキング上位という商品を広告として、仕入れ価格交渉として使う事も出来ます。

注意点として、ランキングの仕組みは、累計売上数量、累計売上金額のだいたいどちらかと思いますが、その点だけは気をつけて販促して下さい。




コメント(0)

新しいコメントの投稿

このフィールドの内容は非公開にされ、公表されることはありません。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd> <img> <table> <tr> <th> <td>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
  • You can use BBCode tags in the text. URLs will automatically be converted to links.
  • 次のタグを使用してソースコード構文をハイライトすることができます。: <code>, <blockcode> The supported tag styles are: <foo>, [foo].
  • You may insert videos with [video:URL]
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。

書式オプションに関するより詳しい情報...

CAPTCHA
この問題はユーザが人間であるかどうかをテストし、スパムによる自動投稿を防ぐためのものです。
Image CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.
Drupal theme by Kiwi Themes.