2011年オープンソースCMSの市場調査報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者:chikunai 投稿日時:2012-01-01(日) 01:20

2012年に変わってしまいましたが、インドネシアの調査会社water & stone社が、2011年のオープンソースCMSの市場調査報告書を発表していたので、翻訳し要約して紹介します。

オープンソースCMSを選択する上での一つの指標にしていただければと思います。
ただし、翻訳に自信が無いので原文を見てね。
もう一つ、原文をしっかり読み出すと、調査方法がけっこう荒い気がします。

water & stone社は20のオープンソースCMSを評価しました。

調査結果の要約


・Wordpress、Joomla、Drupalのビック3は、引き続きオープンソースCMSのマーケットを押さえている。Joomlaの一部に低下傾向が見られる。
・.NETのマーケットは、DoNetNukeがUmbracoを寄せ付けず、マーケットが押さえている。
・Javaのマーケットは接戦。LifrayとAlfrescoがリーダーシップを発揮している。
・リスクのあるシステムは、e107、Movable Type、Textpattern、Xoops(XOOPS Cubeではないと思われ)

調査対象のCMS 20個


Alfresco WCM
CMSMadeSimple
Concrete5
DotNetNuke
Drupal
e107
eZ Publish
Joomla!
Liferay
MODx
Movable Type
OpenCms
Plone
SilverStripe
Textpattern
Tiki Wiki CMS Groupware
Typo3
Umbraco
WordPress
Xoops(XOOPS Cubeではないと思われる)

ダウンロード数


ダウンロード率は、オープンソースCMSの人気を評価する重要な指標です。人気が明らかになります。
ただし、調査方法は同一ではありません。ミラーサイト、ディストリビューションへの事前インストール、Gitからのインストールなどは考慮されていません。

* Concrete5が急成長している。2010年の数値が低くかったと考えており、これが2011年の急激な増加の原因である。(2010年のレポートにはConcrete5のダウンロード数の表記は無い)
* e107は調査の中で唯一3年連続ダウンロードが減少している。
* Movable TypeとOpenCMSは調査出来なかった。
* Drupalの数は、開発者がGitからダウンロードしており、過小報告されている。DrupalのスポークスマンはGitからのダウンロードは重要だと言っている。
* Joomlaは、英語版のリリースに限定している。第二言語のディストリビューションの数が含まれていない。Joomlaの数は過小報告されている。
* Tiki Wikiの数字は、ごく最近のリリースです。Long Term Support版(長期サポート版)は含まれていません。2010年の数は、計算して修正した。
* TYPO3はLong Term Support版(長期サポート版)をメンテナンスしている。数は正確ではないかもしれない。
* WordPressの数字は、オフラインカウンターから提供されたが、スポークスマンによって修正した。
* PloneとTextpatternは、2011年のデータが無い。

インストール数

調査データ


オンラインアンケートに回答した2,500人以上の回答者を元にした調査結果。

* Concrete5は劇的な増加で、明らかに大勝利者になっている。
* Liferayは、かなり成長傾向が示されている。
* Joomla!は劇的に低下した。昨年コミュニティは、積極的にコミュニティをプロモーションした。2011年はプロモーションの成果が上がらなかった。
* 積極的にプロモーションしたにもかかわらず、DotNetNukeはかなり下がった。

第三者の調査結果 W3Techs


W3TechsはAlexaのランキング 100万の売れ部サイトを分析している。

* AlfrescoはW3Techsに無かった。
* MODx, Textpattern, Tiki, Umbracoは0.1%以下のマーケットシェア

第三者の調査結果 BuiltWith


BuiltWithはもう一つのグループです。W3Techsとは異なるサイトを見ます。

* MODxとAlfrescoは結果に出なかった。

他にもありますが、あとは原文を読んでみて下さい。

http://www.waterandstone.com/downloads/2011OSCMSMarketShareReport.pdf

今まで聞いた事の無いCMSが知れて勉強になりました。Tiki Wiki、Textparttern、Umbracoは初めて知りました。
最初にも書きましたが、ダウンロード数の元となる情報は色々な条件が付いているので、斜めから見た方が良いと思います。それでもConcrete5の高い成長率は注目していいのではないでしょうか。私もMoongiftで紹介されたときは、ユーザーI/Fの作りの目新しさから、注目していました。今頃?という感じはしますが。
調査報告書の後半にもありますが、Google Trendで検索頻度が調べられます。Concrete5が注目されていますが、Google Trendで見る限りはゆるやかな増加傾向。Concrete5のムーブメントはまだまだかなと思います。国内はどうなんでしょう?
TYPO3、Tiki WikiのLong Term Support版は、数値がカウントされていないのはなぜ?
ビック3のWordPress、Joomla!、Drupalは揺るぎないようです。WordPressはBlogからCMSへ変化して来た事もあり盤石でしょう。MTキラーは健在です。Joomla!の低下傾向には驚きですが、色々な数値が加算されていない事を考えると、気にするほどでないのでは。Drupal利用者としてはDrupal普及は嬉しいです。オープンソースCMS間の切磋琢磨が、あらためて良く分かった調査報告書でした。来年、ビック3はどうなるか。新たに20に加わり、20から落ちるCMSはどこか、来年の報告書が気になります。




コメント(0)

新しいコメントの投稿

このフィールドの内容は非公開にされ、公表されることはありません。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd> <img> <table> <tr> <th> <td>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
  • You can use BBCode tags in the text. URLs will automatically be converted to links.
  • 次のタグを使用してソースコード構文をハイライトすることができます。: <code>, <blockcode> The supported tag styles are: <foo>, [foo].
  • You may insert videos with [video:URL]
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。

書式オプションに関するより詳しい情報...

CAPTCHA
この問題はユーザが人間であるかどうかをテストし、スパムによる自動投稿を防ぐためのものです。
Image CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.
Drupal theme by Kiwi Themes.