壊れたハードディスクの復旧、ではなくバックアップで保護する

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者:chikunai 投稿日時:2011-04-24(日) 23:21

3.11。地震で家が倒壊してパソコンが破壊、津波によってパソコンが水に浸かって起動しない、などなど、大事な思い出が消えてしまった。そんな人が多かったのではないでしょうか。

壊れたハードディスクの復旧、いくらかかると思います?
ぐぐって調べてみました。

データサルベージは、軽度障害 120GBで48,800円。
http://www.data-salvage.co.jp/price/

日本データテクノロジーは、100GBで70,000円。
http://www.data-trouble.com/success.html

ハードディスクの壊れ方(復旧にかかる難易度)、復旧したいデータ量によっても価格は様々。一概にこの値段とは言い切れないようです。
さて、個人でお金を払ってまで復旧しますか?

大事なデータたち
* デジカメで撮った写真
* CDからコピーした音楽
* ビデオカメラで撮った動画
* マンガ、書籍の自炊データ
* ワード、エクセル、テキストの文書
* プログラムのソース、モジュール

大事なデータを失わないために、バックアップを推奨します!
バックアップ方法は他の記事に譲りますw フルバックアップ、差分バックアップをうまく組み合わせてください。

そこで、震災に強いデータをバックアップするには、ということで、防水、耐衝撃、耐熱の視点でバックアップメディアを調べてみました。

防水は水圧や浸水時間はどの程度か。耐衝撃性はどのくらいの負荷に耐えられるか。性能はメーカーのホームページを見てご確認ください。

USBメモリ
防水と同時に耐衝撃性の強さを兼ね備えた製品があります。下のシリコンパワーとキングストンは防水、耐衝撃をうたっていますが、どの程度耐えられるかは不明です。
パソコンにUSBの口が余っていたら、常にパソコンにUSBメモリを指しっぱなしでいいと思います。


シリコンパワー 16GB SP016GBUF2530V1W
キングストン 16GB DTVP/16GB

耐水深度200mのUSBメモリを見つけました。


CORSAIR USB 2.0 32GB Survivor GTR

耐火とはいえませんが、200度の熱に耐えられる製品を1点だけ見つけました。


LaCie Xtremkey 8GB USB Flash Key

水に強い:○
衝撃に強い:○
火に強い:△

>メリット
サイズが小さい。持ち運びに便利。

>デメリット
HDDよりも容量少ない、1GBあたりの単価も高い。
小さいので津波に流されやすい。
CORSAIRは指しっぱなしだと耐水深度200mは出ないと思われ。

HDD
防水と耐衝撃性能を持つハードディスクがあります。


ポータブルHDD Armor A80 640GB

火に強い製品は見つかりましたが、国内で流通されていないようです。
ioSafe Solo
https://iosafe.com/solo

水に強い:○
衝撃に強い:○
火に強い:○

>メリット
USBメモリよりも容量が多い、安い。

>デメリット
USBメモリよりもサイズが大きい。持ち運びでかさばる。

SDカード、メモリースティック
サンディスクは一律で防水(水深1mで最大72時間)をうたっているようです。火に強い耐熱は見つかりませんでした。


SanDisk microSDHCカード 32GB Class4
BUFFALO 防水仕様 Class4対応 microSDHCカード16GB

水に強い:○
衝撃に強い:○
火に強い:×

>メリット
もっとも小さい。持ち運びが便利。

>デメリット
HDDよりも容量少ない、1GBあたりの単価も高い。
小さいので津波に流されやすい。

オンラインストレージ
インターネットを経由して遠隔地のサーバにバックアップする方法です。自宅が被災しても遠隔地なのでデータ守られます。昨今、BCPやDRで注目されているサービスです。
遠隔地のサーバの場所が選択できるサービスもあります。場所は遠い地域を選んでください。あと、オンラインストレージ側の障害・震災に気をつけてください。

DropBox(無料:2GB、US$9.99/月:50GB、US$19.99/月:100GB)
http://www.dropbox.com/

Windows Live SkyDrive(無料:25GB)
http://explore.live.com/windows-live-skydrive

Apple MobileMe iDisk(9,800円/年間:20GB)
http://www.apple.com/jp/mobileme/features/idisk.html

リコー quanp(無料:1GB、300円/月:10GB、980円/月:100GB)
http://www.quanp.com/

などなど
オンラインストレージの比較は他の記事に譲ります(^^;

水に強い:○
衝撃に強い:○
火に強い:○

>メリット
震災にあってもデータは確実に保護される。

>デメリット
インターネットにつながらないとバックアップできない。
通信回線が遅いとバックアップに時間がかかる。
長く使うと値段が高い。

実際に誰かテストしてくれないかな。

記事を書いてみて、耐火は難しいことがわかりましたが、防水は一つ購入してみたい。あと、保護したいデータに重要度をつけて、メディアを使い分けるのも手だと思います。
アイディア3月末、記事に出来たのは4月末。1ヶ月掛かりましたw ページ後半から雑になっているのはご愛嬌で。




コメント(0)

新しいコメントの投稿

このフィールドの内容は非公開にされ、公表されることはありません。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd> <img> <table> <tr> <th> <td>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
  • You can use BBCode tags in the text. URLs will automatically be converted to links.
  • 次のタグを使用してソースコード構文をハイライトすることができます。: <code>, <blockcode> The supported tag styles are: <foo>, [foo].
  • You may insert videos with [video:URL]
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。

書式オプションに関するより詳しい情報...

CAPTCHA
この問題はユーザが人間であるかどうかをテストし、スパムによる自動投稿を防ぐためのものです。
Image CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.
Drupal theme by Kiwi Themes.