サイトのパフォーマンス、ベンチマークするなら

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者:chikunai 投稿日時:2011-01-10(月) 00:53

サイトを構築する際、運用されている際、なにをベンチマークにしていますか。

日本コンピュウェアが、2010年11月の小売(Eコマース、カタログ通販、TV)、銀行、証券、旅行サイトのパフォーマンスで、自社サービスの情報を公開しています。

日本コンピュウェア、2010年11月度Web サイトパフォーマンスベンチマークを発表
http://offers.compuware.com/register?cid=70170000000fasc

公開されている測定項目は、レスポンスタイム、可用性、均一性です。レスポンスタイムと可用性は、どこのサイトでも、運用時に注意を払っているKPIです。

・レスポンスタイム
 Webサイトのビジターが特定のURLにアクセスする際に、当該ページのコンテント全てが読み込まれるまでの時間
・可用性
 Webサイトのビジターが特定のURLにアクセスしようとした際に、アクセスすることが出来た割合。
・均一性
 Webサイトのレスポンスタイムのばらつき。
※ただし、計画的なメンテナンス、Sorry Page、404エラーは対象外

測定期間は2010年11月1日から11月30日。対象は日本コンピュウェアが独自に選定した国内リーダー企業。になっています。

それで、Eコマースの公表された情報によると、

・レスポンスタイム
1位 Yahoo!ショッピング 0.652秒
2位 Joshinネットショッピング 0.81秒
3位 楽天市場 1.164秒

1秒以内が2サイトもあります。これはすごい。サイトの作りによってはどうしてもー、とエンジニア視点で考えてしまうのですが、1秒以内はすごいと思います。

・可用性
1位 ヨドバシカメラドットコム、SonyStyle、アマゾンECカレント、Joshinネットショッピング 100%
6位 Yahoo!ショッピング 99.93%
7位 楽天市場 99.86%

100%が多いです。しかし、測定期間1ヶ月の可用性なので、そっくりそのまま受け止めるのは危険。1年を通じてどれくらいだったか、知りたいですね。でも、DELLの94%以降はちょっとひどい。

・均一性
1位 Yahoo!ショッピング 0.224秒
2位 アマゾン 1.431秒
3位 楽天市場 1.611秒

均一性では大手3サイトが入りました。均一性は、あまり意識したことはないのですが、設備に大きな投資が出来るところが強いのかな?

以上ですが、参考になりましたでしょうか。

ぱっと見て思ったのが、測定対象が売上高上位から選んでいると思われます。そうなると、単純に比較できないです。
本やCDを売る客単価の低く、注文件数の多いアマゾン。パソコンや家電などを売る客単価の高く、注文件数の少ないヨドバシドットコム。この2社を比較するのはおかしいかと。
もし比較するなら、ご自身の運営されているサイトに近いところと比較してください。

日本コンピュウェア
http://jp.compuware.com/

ところで、以前私は以下記事を投稿しました。Webサイトで測定のニーズがあるなら、メルマガでも測定したいんです。配信成功とクリック率の間がどうなっているのか。

配信成功を信ずるべきか、信じないべきか
http://www.chikunai.net/node/336

どこか興味のある企業、いないですか?

問い合わせ
http://www.chikunai.net/contact




コメント(0)

新しいコメントの投稿

このフィールドの内容は非公開にされ、公表されることはありません。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd> <img> <table> <tr> <th> <td>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
  • You can use BBCode tags in the text. URLs will automatically be converted to links.
  • 次のタグを使用してソースコード構文をハイライトすることができます。: <code>, <blockcode> The supported tag styles are: <foo>, [foo].
  • You may insert videos with [video:URL]
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。

書式オプションに関するより詳しい情報...

CAPTCHA
この問題はユーザが人間であるかどうかをテストし、スパムによる自動投稿を防ぐためのものです。
Image CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.
Drupal theme by Kiwi Themes.