クレジットカードとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿者:chikunai 投稿日時:2008-11-23(日) 05:54

クレジットカードとは、現金を持たなくても買い物ができるサービスです。

クレジットカードのクレジットは、日本語で「信用」という言葉。お客様を信用し、後払いを許可するシステムです。その為、お客様に対してどこまで信用できるか調査するために「審査」があります。信用力のない人、例えば収入のない主婦や学生などは、審査で落ちてクレジットカードを所有できない事があります。

商品を購入する際の支払いは、カード会員がお店にクレジットカードを渡します。お店側はクレジットカードを機械(CAT)に通し、決済が可能かどうか確認します。数秒後、レシートが吐き出され判定結果が返ってきます。OKであればレシートをカード会員渡し、サインしてもらい終了。あとは翌月月初に請求書が来て、翌月末に銀行口座から引き落とされます。

おサイフの中の小銭のわずらわしさ、多額の現金を持ち歩くことへの不安から解消されます。また、財布を忘れたり・急にお金が必要になるケースでも使うことが出来ます。分割を利用することで、一気に支払わなくてもすみます。リボ払いでは、毎月定額で支払うことができます。
さらに現金に無い特徴として、付帯保険があります。クレジットカードのスキミングや盗難から不正使用されても、カード会社に報告すれば損失を受けません。海外では、現金を持ち歩くこと自体が危険ということもあり、クレジットカードによる決済が広く普及しています。

メリット

  • 多額の現金を持ち歩かなくても買い物ができる(キャッシュレス)
  • 小銭の煩わしさから開放(キャッシュレス)
  • 急にお金が必要になっても買い物ができる(キャッシング)
  • ホテル割引や無料レッカーなど、各種優待・無料サービス
  • 事故で保険金がおりたり、カードの不正使用でも支払う必要なし(付帯保険)

その他にも、電子マネー(Edy、Suica)、充実したマイル・ポイントサービス、無料レッカーなど、クレジットカード会社やカードの種類によってサービスの内容は様々です。だからこそ、一人一人に会ったクレジットカードの選びがあります。

クレジットカードは、利用できる限度額が定められています。限度額は数十万円の単位からはじまります。今月、自分がいくらお金を使っているのか覚えておかないと、銀行に預金してある残高以上にお買い物し、カード会社から請求が来ても支払えないケースがあります。さらに、クレジットカードの分割払いやリボ払いは便利な分、金利が高いのがデメリットです。このようなデメリットから、クレジットカードを所有しないというポリシーの人もいます。
デメリット

  • いくら使ったのか分かりにくい
  • 銀行の預金残高以上に買い物が可能
  • 銀行のローンに比べて、分割払いやリボ払いの金利が高い

しかし、うまく使いこなせれば大変お得なサービスが受けられるのも事実です。

歴史をたどるとクレジットカードの発祥はアメリカ。1950年創設したダイナースクラブが、世界最初のクレジットカード会社です。今では、VISAマスターカードJCBブランドの一般的なクレジットカードとは異なり、利用限度額の無いカードとして有名です。その特徴から、セレブ(富裕層)の所有するクレジットカードという地位を確立しています。




Drupal theme by Kiwi Themes.