Drupal

お久しぶりです。ウォーミングアップも兼ねて、久々のDrupalネタです。

AWSのLoad Balancer(ロードバランサー、ELBとも略す)に、Drupal 7のWebサーバをひもづける上でのTIPS集になります。

普通にDrupalのWebサーバをAWSのLoad Balancerにつなげると、Drupalのログに出てくるIPアドレスがプライベートIPになってしまいます。ちなみに、そういう構成が前提です。しかも、Load BalancerからくるIPアドレスは固定ではなくいつも可変です。AWSの仕様のようです。

これでは、グローバルIPアドレスから攻撃や不正なアクセスを受けている場合、Drupalのログを見ても無意味です。このプライベートIPアドレスになっている箇所を、グローバルIPアドレスにする対処法です。

意外や意外、海外で探しても中々対処法が見つけにくかったのですが、settings.phpを以下にします。

  1. <?php
  2. $conf['reverse_proxy']=TRUE;
  3.  
  4. /**
  5.  * Specify every reverse proxy IP address in your environment.

行って来ました。Drupal Meetup Tokyo 2012年1月25日

投稿者:chikunai 投稿日時:2012-01-26(木) 00:07

Drupal meetup in Tokyo に行って来ました。
主催、協賛された方々、ありがとうございました。

Drupal meetup in Tokyo | 第二回 東京Drupal(ドルーパル)交流イベント
http://groups.drupal.org/node/201953

まわり制作会社さんばかり。Drupalをプライベートブログにしか使っていない私には肩身が狭いw
Drupalで大人数、盛り上がるイベントに参加でき、うれしいです。

プレゼンのメモを残しておきます。

▼デジタルサーカス 団長さん

・WordPress、Drupal、Joomlaを比較
・WordPress、小規模、コーポレートサイト向き
・Drupalのメリット、大規模、高機能サイト向き
・Drupalのデメリット、遅い。CMSだからしょうがない。

・事例1 大手旅行会社
・Web 2台、DB 2台(うち1台は待機系)

・事例2 大手ニュースサイト
・ステージングはWeb 3台、DB 2台(PostgreSQL+pgpool)
・本番はWeb 3台、DB 2台(PostgreSQL+pgpool)
・本番から静的HTMLを作って公開側の本番にアップ

・感想

Drupal 6、スマホにはスマホ用テーマに自動切り替え

投稿者:chikunai 投稿日時:2011-11-09(水) 00:19

昔々、日本の携帯電話は、ガラケーが大半を占めていたころがありました。

この頃、Drupalをガラケーに対応させるには、PDAというテーマとPDA Themeというモジュールで対応させていました。たまに本文が表示されない事もありましたが、作者には大変感謝しています。

昨今、日本にもついにスマートフォンの波が押し寄せました。

当ブログもAndroidからのアクセスが増えて来ており、Drupalのスマホ対応は必須です。ということで、スマホでDrupalにアクセスしたら、スマホ用テーマに切り替える方法をご紹介します。

使うモジュールは以下の二つです。

Switch Theme
Browscap

テーマはこのサイトで使っているものを紹介しておきます。

iWebkit

Drupal、ブログからePubの自動作成

投稿者:chikunai 投稿日時:2011-01-17(月) 23:52

Reader、ガラパゴス、hontoと電子書籍元年の2011年、話題のepub形式にチャレンジ!

Drupalに登録したコンテンツをepub形式化するepubモジュールを試してみました。

モジュールはまだベータ版ですので、実験と思ってください。

epub 6.x-1.0-beta2
http://drupal.org/project/epub

ビューアーは、Adobe Digital Editionsで確認しました。

Adobe Digital Editions
http://www.adobe.com/jp/products/digitaleditions/

epubの詳しいことは↓のサイトに譲りますが、zip形式で圧縮したファイルの拡張子をepubに変えるだけです。epub→zipにして解凍すれば、中身が確認できます。

横浜工文社 日本語Epubブックサンプル
http://www.kobu.com/docs/epub/index.htm

Drupal 7がリリース!Mongodbもサポート?

投稿者:chikunai 投稿日時:2011-01-05(水) 23:34

Drupal 7が、アナウンスされていたとおり2011年1月5日にリリースされました。

Drupal 7.0
http://drupal.org/drupal-7.0

このリリースを記念して、世界中でパーティーが開催されています。日本でも横浜と大阪で開催されていますね。

http://www.drupal7releaseparty.org/

改善された点は、以下のとおり。

・CCKがFiledというモジュール名に変わり組み込まれました。ノードだけでなくユーザーにもフィールドが追加できます。
・管理画面のデザインが一新されました。Administration menuの機能も取り入れられています。

Drupal 6、DB2 Dirver開発中

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-12-25(土) 03:32

Drupal 6用のDB2 Driverを開発しています。未完成な作品の進捗を公開します。

一般的には、DrupalのDBはMySQLを選択します。使い慣れているIBM DB2でDrupalを使いたい。あえてIBM DB2を選択してみました。

実は2年前、DB2 Express-C V9.5とZend Core for IBMの研究環境で、ひっそりと開発していました。時間と行き詰まりで断念。今回時間が出来たことと、DB2 V9.7にMySQL互換機能がついたので、再チャレンジしてみることにしました。

開発にあたって、

・使い慣れたDB2でDrupalを利用したい。
Support DB2 databasesを元に開発。
・DB2 Express-C 9.7.2を利用。MySQL互換機能を利用してチャレンジ

ただし調べた限りでは、

Drupal 6、Service links 6.x-2.0のはてなブックマーク対応

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-11-17(水) 00:22

ひさびさにDrupalのモジュールを書いてみました。

Drupalには、Service linksというモジュールがあります。このモジュールは、ノード上に好きなソーシャルブックマークを表示させることができます。

今までは6.x-1.0をカスタマイズして使っていました。日本のソーシャルブックマークに対応していなかったためです。

先月6.x-2.0へバージョンアップされ、Update Statusでしきりにバージョンアップ推奨の警告が出ていました。バージョンアップしたかったのですが、6.x-2.0も日本のソーシャルブックマークに対応していなかったのです。

本日、ようやく時間を取り、Service links 6.x-2.0を日本のソーシャルブックマークに対応させました。6.x-2.0からは、モジュールを直接ハックしなくていいのでメンテが楽で助かります。

【対応させたソーシャルブックマーク】

Drupal 6、関連する記事の表示をViewsで実現

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-05-23(日) 18:07
20100523_related_links_view_05.jpg20100523_related_links_view_02.jpg

よくブログには、関連記事っていう欄がありますよね。

本文を読んだ最後に、本文に関連する記事の一覧が表示されるアレです。

これをDrupalでも実現します。

Related linksというモジュールがありますが、Drupal 6用はalpha版なので、Views 2で実現します。

設定を始める前に、Viewsの翻訳をインポートしてください。

 

ビューを追加します。

ビューの名前は適当。ビューのタイプは「ノード」にして「次へ」ボタンを押してください。

引数の隣にある「+」ボタンを押してください。

「タームID」にチェックをつけ、「追加」ボタンを押してください。

Drupal、ブログのユーザーネームを削除する方法

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-05-16(日) 22:50

g.d.oのjapanに質問があったので、ここで解決策をのせます。

Drupalのブログモジュールは、標準でユーザーネームが表示されます。このサイトの「chikunai's blog」の表示です。

これ、一人でサイト運営しているときは不要です。私のサイトでも不要です。

開発者的には、二つ方法があります。

 

(1)モジュールを作る

blog.moduleを見ると、「chikunai's blog」は、hook_linkを使っています。

Drupalは、hook_link_alterという、hook_linkを変更してくれるAPIがあります。これを使います。

http://api.drupal.org/api/function/hook_link_alter/6

まず専用のモジュールを作ってください。info、install、moduleファイルを作り、そしてmoduleファイルに以下コードを埋め込んでください。下はmymoduleというモジュールの例です。

  1. function mymodule_link_alter(&$links, $node) {
  2.   if (isset($links['blog_usernames_blog'])) {

XOOPSからDrupalへ移行したときのメモ

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-05-08(土) 18:04

XOOPS Cube 2.0系からDrupal5へ移行したときのメモです。

エンジニア向けです。

基本はXOOPS Import モジュールでOK。

XOOPS Importで一つ問題があります。Weblogモジュールを使っている人は、データが移行されないので工夫が必要です。

といっても方法は一つ、データベースMySQLに直接データを入れます。

Drupalのコンテンツは、node テーブルと node_revisions テーブルにデータを入れれば表示されます。nodeテーブルは、タイトルとかを入れておく場所。node_revisionsテーブルは、本文やティーザー(見出し)を入れておく場所です。

だいぶ昔なので、あってるかな(汗

0.準備

あらかじめBlogモジュールを有効にしてください。ページ、ブログ、ストーリーなど、一切作らないでください。

BBcodeモジュールを入れ、入力書式画面のFiltered HTMLでBBcodeを有効にしてください。

コンテンツ配信
Drupal theme by Kiwi Themes.