通信販売・EC

住友商事株式会社は、株式会社ゼイヴェル及びゼイヴェルグループである株式会社ファッションウォーカーは、今般、3社間での業務提携契約を締結し、また住友商事からファッションウォーカーへ出資した。

は、今般、3社間での業務提携契約を締結し、また住友商事からファッションウォーカーへ出資と、史上最大級のファッションイベント「東京ガールズコレクション」などを手掛け、国内の女性市場へのリーチを得意とするゼイヴェルグループとの協業を軸に、様々な提携をすすめる。

いまや日常茶飯事になったポイントサービス。ハマっている人も多いのでは。
みんなどう思っているのか、niftyのアバウトミーでチェックしてみました。

Q ポイントがもらえる事と現金値引き、どっちが好き?

意外に現金値引き派が多い。
私の予想ではポイント派が優勢、のつもりだったのですが。
チープ革命はアバウトミーを使う先進的でTime Poorなユーザーにとっては関係のないのか。
ポイントサービスも巷に溢れすぎで、利用者もお疲れ気味?なのかもしれません。

Q ポイントの使用方法はどちらのタイプですか?

玩具通販「TJ GROSNET」が倒産

投稿者:chikunai 投稿日時:2008-04-23(水) 00:42

帝国データバンクによると、T.J GROSNETは、4月15日、和歌山地裁に民事再生法の適用を申請し、同日保全処分の決定を受けた。

ガンダムプラモデルブームにも乗り、2004年5月に「YAHOO!ショッピング」、2005年8月に「楽天市場」に出店することで一気に事業を拡大。2007年6月期で年売上高約22億3600万円、当期利益約1億700万円と大きく伸展させていた。

、積極的な投資や業容拡大に伴う在庫負担によるキャッシュ流出が続き、この不足分を金融機関からの調達で賄ってきたことから借入残高が年商規模にまで膨れ上がっていた。負債は約40億円と見られる。

GIGAZINEの記事も読みましたが、規模からしてあまりにも豪華過ぎる設備。

面白い・クリエイティブなEコマースサイト

投稿者:chikunai 投稿日時:2008-02-12(火) 20:00

design walkerっていうブログに、面白いEコマースサイトが乗ってます。

http://www.designwalker.com/2008/02/creative-ecommerce.html

相当ボリュームがあるので、一部抜粋してコメント。

●GUCCI
http://www.gucci.com/jp/

GUCCIはFlashを使わず、JavaScriptで作られています。
prototype.jsを使っています。

アクセサリーのカタログは、
インターネットユーザーに横スクロール恐怖症が多いにもかかわらず、
とても横長なページ構成になっています。

http://www.gucci.com/jp/catalog/fine-jewelry-exclusive/

ページの一番左側にあるサムネイルをクリックすると、拡大画像のところへ移動します。
以前、↓JavaScriptで遊びで作ったコレに近いテクニックです。

ゾゾリゾートのスタートトゥデイが12月11日上場

投稿者:chikunai 投稿日時:2007-12-11(火) 23:50

12月11日、アパレル専門ショッピングモール「ZOZORESORT(パソコン向け)」「ZOZOTOWN(携帯電話向け)」を手がけるスタートトゥデイが東京マザーズに上場した。
公開価格17万円を60%上回る27万2000円の初値をつけた。

2005年12月に出会い、ハマッった通販サイト。

毎日入荷メールが届く在庫の小出しなど、仕組みのうまさも勉強になった。

最近は、ワールドユナイテッドアローズなど、メーカーやセレクトショップ自身が直販するECサイトに力を入れています。同社のようなショッピングモール的な展開が生き残れるか。または、メーカーが固定客をつけられるか、も注目されます。

スタイライフは、サマンサタバサリミテッドジャパンが展開する新感覚ショッピングサイト『WWCTIY&COMMUNICATIONS』(以下、WWCITY)を当社とサマンサタバサの共同事業とすることで合意し、モール型ショッピングサイトビジネスに本格参入する。

共同事業は計画通り?

WWCITYは、昨年12月にサマンサタバサがオープンさせたショッピングモール。

伊勢丹、BEAMS、ドクターシーラボなど、様々なブランドが出店していた。

地域別の売り場は理解不能だが、Flashを多用した目新しさ。

社長の付加価値を売りたいという思想には共感するが、ぱっと見て盛り上がっていないだろうなぁと見ていました。

来年春リニューアルでも地域別の売り場は変えないようです。

ネットプライスの子会社ショップエアラインが、eBayとの業務提携の元、日本からeBayに出品された商品を入札できる代行サイト「sekaimon」を開始した。

eBayは世界最大のマーケットプレイスで、38カ国1億商品を取り扱っている。
sekaimonでは、アメリカとカナダで出品された商品を日本語に翻訳し、決済、商品配送、通関手続きを提供する。

これにより、日本から海外のオークションに参加できるようになる。

今朝の日経朝刊1面にでかでかと掲載。
日テレ23時の「ZERO」でも紹介されていました。

おかけで、ちっともつながりません。

翻訳は機械翻訳らしく、見るに絶えないものもあるようです。
むしろ翻訳より、日本人の考える品質などの文化の違いが、どこまで馴染むのか、興味がわきます。

楽天、台湾進出

投稿者:chikunai 投稿日時:2007-11-29(木) 23:50

楽天は、台湾の統一超商との間で、台湾にて合弁企業を設立し、楽天市場事業(マーケットプレース型インターネットショッピングモール)を展開することで本日合弁契約を締結した。

バストアップ効果の商品、効果無しで業務停止

投稿者:chikunai 投稿日時:2007-11-06(火) 23:50

経済産業省は、豊胸効果等をうたったナパイアブレストと称する化粧品と健康食品を販売している通信販売業者である株式会社オーグ(東京都渋谷区)に対し、特定商取引法の違反行為である虚偽・誇大広告を認定し、同法15条第1項に基づき、平成19年11月7日から平成20年2月6日までの3か月間、同社の通信販売に係る広告、申し込み受付及び契約締結の各業務を停止を命じた。

また、併せて同法14条の規定に基づき、その通信販売において、豊胸効果等をうたい販売した商品の購入者に対し、その商品の豊胸効果等に合理的根拠を有しない旨通知するよう指示した。

http://www.meti.go.jp/press/20071106004/20071106004.html

楽天は、運営するネットショッピングモール「楽天市場」を利用するユーザを対象にした補償制度「楽天あんしんショッピングサービス」を10月29日より新たに開始する。

「楽天あんしんショッピングサービス」は、ユーザが支払い済みの商品が未着にも関わらず「楽天市場」出店店舗との連絡が困難になったなどの状況が発生した場合に、商品代金を楽天が補償するという制度。同サービスの補償率は商品代金の100%、補償額上限は50万円、補償回数は年1回となり、全ての「楽天会員」(登録無料)が補償の対象となる。

通信販売において、もっとも不安要素の高い「商品が届かない」。

楽天が、補償サービスを提供することで、安全・安心で買い物がしやすくなるとても良いサービスです。

コンテンツ配信
Drupal theme by Kiwi Themes.