セキュリティ

不正アクセスからECサイトを守る。

投稿者:chikunai 投稿日時:2014-03-09(日) 02:46

昨今、ECサイトに不正アクセスが大きなニュースとして取り上げられたと思います。犯人が検挙されていない以上、どこのだれがやったのか不明です。企業も最近は、自社システムから個人情報が抜き取られた形跡は無い。というのがテンプレート化していますw。いや、どこか絶対流出しているでしょ。と突っ込みたい。そうでないと、100万人以上の会員を抱えるECサイトで、ログイン失敗も含めた大量の不正アクセスのがある訳が無い。と思う訳です。

不正アクセス事件、ECだけ振り返ってみましょう。私の記憶では2013年3月から始まってます。

2013年3月 JINS 2,059件 クレジットカード情報が流出
http://www.jins-jp.com/illegal-access/info.html

2013年4月 eBookJapan 被害無し
http://www.ebookjapan.jp/ebj/information/20130405_access.asp

2013年5月 ディノス 111万件中15,000件成功 個人情報は流出していない
http://www.dinos.co.jp/guide/info/pdf/20130509.pdf

2013年5月 三越 8,289件 個人情報が流出

迷惑メール対策技術「DKIM」の普及団体が発足

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-11-15(月) 18:04

株式会社インフォマニア、センドメール株式会社、ニフティ株式会社、株式会社パイプドビッツ、ヤフー株式会社、楽天株式会社の6社は、DKIM((DomainKeys Identified Mail) )の普及団体Japan DKIM Working Group (略称; dkim.jp)を設立した。

DKIMは、電子署名を使ってメール送信元のドメイン認証技術。送信側はメールに電子署名をつけ、受信側は電子署名の正当性を確認する。

InternetWatchの記事によると、WIDEプロジェクトの2010年8月時点の調査では、.jpドメインにおけるDKIMの導入率は0.45%。「SPF/Sender ID」の普及率は39.59%。

http://member.wide.ad.jp/wg/antispam/stats/index.html.ja

DKIMは知りませんでした(汗。SPF/Sender IDはもちろん知っていました。SPF/Sender IDの普及率は高いですね。WIDEプロジェクトの調査にもあるとおり、知名度の低さに問題があることは明らか。大手ISP、大手メール送信事業者が加わっており、急速に普及しそうです。私の知っている企業も入っています。

サンプル百貨店、顧客情報46万人流出の衝撃

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-11-03(水) 01:08
logo_sample.jpg

今朝は、サンプル百貨店の顧客情報の流出のニュースが飛び込み、驚きました。

マーケティングリサーチ会社のみならず、Eコマース含めたIT業界で、顧客情報管理を見直すきっかけになったのではないでしょうか。

今回特に注目なのが、46万人の多さというだけでなく、流出した顧客情報の内容です。氏名、住所、年齢が一般的ですが、今回の流出事件では未既婚、子供の有無、世帯年収、家族構成、などが漏れてしまったことにあります。リリースには、クレジットカード番号は漏れていないと書かれていますが、こちらもかなり重要な情報です!

商品やサービスを売りたい業者にとっては、喉から手が出るほど欲しい情報だと思います。手に入ったらコンバージョン高そう。でも無料サンプルに群がる人たちだから購買意欲は微妙。

今後、信用問題から、サンプル百貨店が継続して運営していくのは難しいのではないでしょうか。

コンテンツ配信
Drupal theme by Kiwi Themes.