ブログ

Drupal、ブログからePubの自動作成

投稿者:chikunai 投稿日時:2011-01-17(月) 23:52

Reader、ガラパゴス、hontoと電子書籍元年の2011年、話題のepub形式にチャレンジ!

Drupalに登録したコンテンツをepub形式化するepubモジュールを試してみました。

モジュールはまだベータ版ですので、実験と思ってください。

epub 6.x-1.0-beta2
http://drupal.org/project/epub

ビューアーは、Adobe Digital Editionsで確認しました。

Adobe Digital Editions
http://www.adobe.com/jp/products/digitaleditions/

epubの詳しいことは↓のサイトに譲りますが、zip形式で圧縮したファイルの拡張子をepubに変えるだけです。epub→zipにして解凍すれば、中身が確認できます。

横浜工文社 日本語Epubブックサンプル
http://www.kobu.com/docs/epub/index.htm

サイトのパフォーマンス、ベンチマークするなら

投稿者:chikunai 投稿日時:2011-01-10(月) 00:53

サイトを構築する際、運用されている際、なにをベンチマークにしていますか。

日本コンピュウェアが、2010年11月の小売(Eコマース、カタログ通販、TV)、銀行、証券、旅行サイトのパフォーマンスで、自社サービスの情報を公開しています。

日本コンピュウェア、2010年11月度Web サイトパフォーマンスベンチマークを発表
http://offers.compuware.com/register?cid=70170000000fasc

公開されている測定項目は、レスポンスタイム、可用性、均一性です。レスポンスタイムと可用性は、どこのサイトでも、運用時に注意を払っているKPIです。

・レスポンスタイム
 Webサイトのビジターが特定のURLにアクセスする際に、当該ページのコンテント全てが読み込まれるまでの時間
・可用性
 Webサイトのビジターが特定のURLにアクセスしようとした際に、アクセスすることが出来た割合。
・均一性
 Webサイトのレスポンスタイムのばらつき。
※ただし、計画的なメンテナンス、Sorry Page、404エラーは対象外

Drupal 7がリリース!Mongodbもサポート?

投稿者:chikunai 投稿日時:2011-01-05(水) 23:34

Drupal 7が、アナウンスされていたとおり2011年1月5日にリリースされました。

Drupal 7.0
http://drupal.org/drupal-7.0

このリリースを記念して、世界中でパーティーが開催されています。日本でも横浜と大阪で開催されていますね。

http://www.drupal7releaseparty.org/

改善された点は、以下のとおり。

・CCKがFiledというモジュール名に変わり組み込まれました。ノードだけでなくユーザーにもフィールドが追加できます。
・管理画面のデザインが一新されました。Administration menuの機能も取り入れられています。

ImagineCup 2008、問題サンプルのプログラム

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-12-26(日) 21:56

昔の作品公開です。

2008年、ImagineCup 2008で高橋さんが3位に入賞しました。それを伝える日本経済新聞の記事に、問題サンプルが出ていました。この問題サンプルに取り組んだプログラムを公開します。

記事のリンクは切れています。
http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=MMIT00000028072008&cp=1

問題はこちら

Quote:

青(湿地)と緑(陸地)にバラバラに塗られた120×120のマス目があり、
隣り合った青と緑を入れ替えていくことで
もっとも最小限で青をすべてつなげるにはどうすればよいか

作った作品はこちら。見やすくしてあります。

http://www.chikunai.net/goods/kadai2.php

所感・考察

当時、2~3時間程度で作りました。一応、最小の手順で青がつながります。
120×120のマス目や、それ以上のマス目のときは、このアルゴリズムではつらいと思います。

Drupal 6、DB2 Dirver開発中

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-12-25(土) 03:32

Drupal 6用のDB2 Driverを開発しています。未完成な作品の進捗を公開します。

一般的には、DrupalのDBはMySQLを選択します。使い慣れているIBM DB2でDrupalを使いたい。あえてIBM DB2を選択してみました。

実は2年前、DB2 Express-C V9.5とZend Core for IBMの研究環境で、ひっそりと開発していました。時間と行き詰まりで断念。今回時間が出来たことと、DB2 V9.7にMySQL互換機能がついたので、再チャレンジしてみることにしました。

開発にあたって、

・使い慣れたDB2でDrupalを利用したい。
Support DB2 databasesを元に開発。
・DB2 Express-C 9.7.2を利用。MySQL互換機能を利用してチャレンジ

ただし調べた限りでは、

20101216_logo_master_secure.gif20101216_logo_verified_visa.gif

日本クレジット協会が、Eコマースの新規参入障壁を高くしてくださいました。

社団法人日本クレジット協会と日本クレジットカード協会は、「新規インターネット加盟店におけるクレジットカード決済にかかる本人認証導入による不正使用防止のためのガイドライン」の制定について、を発表しました。

要約すると、

Quote:

なりすましによるクレジットカードの不正使用被害を防止するために、2011年3月以降に加盟したお店は、「セキュリティコード」と「3Dセキュア」による本人認証が必須となります。

東芝ライテックのLED電球を買いました

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-12-02(木) 22:46
20101202_toshiba_led_e17.jpg

東芝製のLED電球を買いました。前回はシャープ製だったのでメーカーを変えてみました。

交換対象は夜つけっぱなしの屋外の照明。1年たって切れてたのです。

屋外の照明はクリプトン電球なので、E17口金の光が広がるタイプLDA5-WE17

小さいLED電球でも4000円近くしますw

LED電球を上向につける照明に使ってみました。つけて見た感じは。。。。

光が広がるタイプでも、まだまだ光は広がらないです。クリプトン電球であれば地面も照らすのですが、LED電球だと少し暗いです。がまんできるレベルかな~。

毎日夜を照らしている電気代が減ると思えば、元が取れるでしょうか。

次はパナソニック製のダウンライト用LED電球を試したい。

LDA5-WE17

Drupal 6、Service links 6.x-2.0のはてなブックマーク対応

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-11-17(水) 00:22

ひさびさにDrupalのモジュールを書いてみました。

Drupalには、Service linksというモジュールがあります。このモジュールは、ノード上に好きなソーシャルブックマークを表示させることができます。

今までは6.x-1.0をカスタマイズして使っていました。日本のソーシャルブックマークに対応していなかったためです。

先月6.x-2.0へバージョンアップされ、Update Statusでしきりにバージョンアップ推奨の警告が出ていました。バージョンアップしたかったのですが、6.x-2.0も日本のソーシャルブックマークに対応していなかったのです。

本日、ようやく時間を取り、Service links 6.x-2.0を日本のソーシャルブックマークに対応させました。6.x-2.0からは、モジュールを直接ハックしなくていいのでメンテが楽で助かります。

【対応させたソーシャルブックマーク】

迷惑メール対策技術「DKIM」の普及団体が発足

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-11-15(月) 18:04

株式会社インフォマニア、センドメール株式会社、ニフティ株式会社、株式会社パイプドビッツ、ヤフー株式会社、楽天株式会社の6社は、DKIM((DomainKeys Identified Mail) )の普及団体Japan DKIM Working Group (略称; dkim.jp)を設立した。

DKIMは、電子署名を使ってメール送信元のドメイン認証技術。送信側はメールに電子署名をつけ、受信側は電子署名の正当性を確認する。

InternetWatchの記事によると、WIDEプロジェクトの2010年8月時点の調査では、.jpドメインにおけるDKIMの導入率は0.45%。「SPF/Sender ID」の普及率は39.59%。

http://member.wide.ad.jp/wg/antispam/stats/index.html.ja

DKIMは知りませんでした(汗。SPF/Sender IDはもちろん知っていました。SPF/Sender IDの普及率は高いですね。WIDEプロジェクトの調査にもあるとおり、知名度の低さに問題があることは明らか。大手ISP、大手メール送信事業者が加わっており、急速に普及しそうです。私の知っている企業も入っています。

サンプル百貨店、顧客情報46万人流出の衝撃

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-11-03(水) 01:08
logo_sample.jpg

今朝は、サンプル百貨店の顧客情報の流出のニュースが飛び込み、驚きました。

マーケティングリサーチ会社のみならず、Eコマース含めたIT業界で、顧客情報管理を見直すきっかけになったのではないでしょうか。

今回特に注目なのが、46万人の多さというだけでなく、流出した顧客情報の内容です。氏名、住所、年齢が一般的ですが、今回の流出事件では未既婚、子供の有無、世帯年収、家族構成、などが漏れてしまったことにあります。リリースには、クレジットカード番号は漏れていないと書かれていますが、こちらもかなり重要な情報です!

商品やサービスを売りたい業者にとっては、喉から手が出るほど欲しい情報だと思います。手に入ったらコンバージョン高そう。でも無料サンプルに群がる人たちだから購買意欲は微妙。

今後、信用問題から、サンプル百貨店が継続して運営していくのは難しいのではないでしょうか。

コンテンツ配信
Drupal theme by Kiwi Themes.