2月 2014

LINE、API公開による新しいECとCRMの普及

投稿者:chikunai 投稿日時:2014-02-27(木) 23:10

以前より、こんなことができないか、と思っていたモノをメッセンジャーアプリの雄 LINEが実現してくれました。
LINEが、APIが企業向けに公開するとアナウンスしました。飛ぶ鳥を落とす勢いの新サービスです。

Yahoo!メッセンジャーやMSN メッセンジャーのころより、コミュニケーションツールとして使いたいと思っていました。しかし、規約の縛りで営利目的の利用が叶いませんでした。そこへ来てLINEです。

企業は、ネットショップは、APIを使う事で、LINEでお客様とコミュニケーションが取れるようになります。キーワードは販路と販促の拡大です。ただし、公式アカウントに限定されます。公式アカウント代は、いったいいくらなんでしょう(汗、Facebookなどのシリコンバレー系の企業であれば、事後審査にすると思うんですけどね。その方が、LINEを利用する企業が格段に増えます。

ランキングで売上を作る。ネットショップ店長へ

投稿者:chikunai 投稿日時:2014-02-10(月) 23:39

ネットショップは、ランキングで売上を作る。というお話しです。

世の中、買う物を下調べしてからお店に買いに行く人、ばかりではないですよね。以下のとおり分類出来ます。

  • 買う物を決めてお店に行く人
  • 買う物を決めずにお店に行く人
    • 安い物で問題ない人
    • 特定のメーカー(ブランド)重視な人
    • デザイン重視な人
    • そこそこのものが欲しい人 などなど

決めていない人は、お店のその場で、価格、メーカー(ブランド)、デザインや店員のおすすめなどによって、購入を決断する訳です。そんな中、機能や性能の差がいまいちよくわからず、こだわりも無く、でも普通の商品が欲しい人、というのは、何を見て買うかというと「ランキング」です。この人は同調圧力にかかっているとも言えます。

家電量販店で良く、当店で売れ行きNo.1から3までやっているあれです。店員は、決めきれない人へのあと一押しにも使っています。
アマゾンや楽天のランキングを使って、○○カテゴリで1位を獲得。とかいっているやつです。
AKBなんかは、CDに握手券をくっつけて、公然とランキング操作を行っています。たくさん売れれば、人気があるように見せかけられるのです。AKBだけでなく、、、

html2jsを使った古典的テクニックと活用の仕方の紹介です。自分のリハビリと他コンピュータ言語の学習も兼ねてます。

そもそもhtml2jsとはなんぞや、という方の為にご説明すると、htmlをJavaScriptへ変換するプログラムの事を指します。html2jsの2は、英語読みのトゥーと発音します。toを2と置き換える記法です。ダジャレではなく、よく使われています。
これだけだと、ふーん。という感じだと思いますが、プラスαで組み合わせると、面白い使い方ができます。マッシュアップが流行した頃に使われ、いまでも使っているところもあるかも。

想定する要件のイメージ

  • 自社サイトにRSSから取って来たブログやランキング等のタイトル一覧をのせたい。
  • 他社サイト(ポイントサイト)に、自社のランキング情報を掲載してもらいたい。
  • 社内のグループウェアに、すぐに取りかからなければならないタスクや、ホットトピック。さらには売上情報などを出したい。

通常、自社サイトに色々な情報をブロック単位で追加するには、そのための開発が必要です。
また、他社サイトへの情報提供ともなると、APIの公開や、FTP等を使ったファイル連携などで、情報を提供して公開してもらう必要があります。そのための環境構築や開発がひつようになります。

Drupal theme by Kiwi Themes.