7月 2012

槍ヶ岳開山(著 新田次郎)、一心不乱であれ

投稿者:chikunai 投稿日時:2012-07-19(木) 02:28

登山が趣味に加わったので、またまた登山の小説を購入してみました。

日本で五番目に高い山、槍ヶ岳に初て登頂し、登りやすくするために、一心不乱に修行した僧侶の話しです。

時代は江戸時代末期。米の不作を理由に農民が起こした一揆に巻き込まれ、過って妻を殺してしまったことから、主人公 播隆(当初は岩松、岩仏と呼ばれる)は出家します。

周りには、同じ仕事をしていて性格がしたたかな与三郎、一揆の主犯の息子で出家した徳助、事業に意欲的な椿宗和尚など、個性的な人物が顔を揃えます。

妻を殺してしまったという良心の呵責に苛まれ、最後に見せた苦しい顔を乗り越えるために、自信に厳しい修行を課している姿は、心うたれます。

あまりにも話しがうまく行き過ぎな感じはありますが、多くの人が播隆の姿に心打たれます。

いつしか上人と呼ばれますが、上人ってあんなに簡単につけていいのか疑問です。

Drupal theme by Kiwi Themes.