7月 2010

プログラムの公開が必要??オープンソースの利用

投稿者:chikunai 投稿日時:2010-07-19(月) 23:19

GNU General Public Licenseのプログラムを改良し、社内又は社外のサービスで利用したら、改良した部分のプログラムのソースコードは、公開する必要ありません。

よくある誤解です。

 

データ集計・分析にPentahoとMySQL。CRMにSugerCRM。文書管理にAlfresco。ブログにwordpress。デヂエの置き換えにDrupalなどなど。企業の短期・ローコストでのシステム導入で、オープンソースのシステムを導入する機会が増えています。

こうも不況?で業績がかんばしくないと、商用パッケージだけでは中々稟議を通りにくいものです。

そんなオープンソースのライセンスに最も利用されているのがGPLです。LinuxもGPLです。

筆者はオープンソースの利用を積極的に推進しますが、GPLに対するあらぬ誤解だけで、導入に踏み切れないのは損です。誤解を解きたいと思います。

 

まず、GPLはライセンスです。GPLを日本語に翻訳した文書にもあるとおり、利用許諾契約書なんです。

あるオープンソース、例えばDrupalの場合。開発業務委託契約でモジュールを一つ作ったとしたら、そのモジュールの著作権は発注したあなたの会社にあります。

宇宙エレベーターって知ってます?

別名軌道エレベーター。

静止軌道衛星と地上を結ぶエレベーターの事です。乗ると宇宙へ連れて行ってくれるエレベーターです。

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)を見ていた方なら、良くご存知のアレです。アレ。

夢のようなエレベーターにチャレンジしているのが、一般社団法人 宇宙エレベーター協会の方々です。いたって真面目な団体だそうです。

 

Drupalの勉強会で、宇宙エレベーター協会のホームページに関わっている会社ウィップスにお会いし、その存在を知りました。

勉強会では、宇宙エレベーター協会のホームページをDrupal 5から6へのバージョンアップの苦労話し。とても共感しました。

私の場合も、Bookモジュールの移行にうまく行かず、データベース直接いじって修復しました。Drupal.orgに解決策が載っているそうです。( http://drupal.org/node/645214#comment-2454738 )。

さらに、inlineモジュールが動かなくて苦労したし、Themeもいまだに変だし。まだまだバージョンアップの後遺症が残っています。

 

Drupal theme by Kiwi Themes.